学校・教育ニュース

学校・教育に関するニュースを、どこよりも早くお届けします。

<前の記事 | 次の記事>

赤ちゃんはどうして後追いするの? 落ち着く時期や対処法は?

赤ちゃんの成長過程における悩みのひとつ、「後追い」。生後9カ月頃から起こることが多く、早い赤ちゃんであれば生後半年過ぎ頃から起こる場合もあるようです。多くの場合、1歳半から2歳頃まで続きます。
そんな後追いについて、「いつまで続くんだろう……」と不安を感じているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、一般的な後追いの理由、時期や対策法などについて、東京医科大学にて講師をされている山中ドクター監修のもと、解説していきます。

赤ちゃんの後追いとは? その理由は?

後追いとは、ハイハイやつかまり立ちができるようになり行動範囲の広がった赤ちゃんが、保護者のかたが視界から消えたとき、後を追いかける行動を指します。後追いが始まると、赤ちゃんはどこにでもついてこようとし、障害物があっても後追いをしてくるため目が離せなくなります。
洗濯物を干している間やトイレに行く間のほんのひとときでも、ときには大声で泣きながら保護者のかたを探し回るので、保護者のかたが疲れてしまう場合や「ケガをするんじゃないか」と心配になってしまう場合も多いでしょう。

◆赤ちゃんはどうして後追いするの?
後追いは、ママやパパといった長い時間ふれあう保護者のかたに愛着や信頼感が芽生え、特別な存在だと認識できるようになることをきっかけに始まると考えられています。そのため、少しでも視界からいなくなると大きな不安を感じ、泣き出したり探し回ったりするのです。
後追いは、保護者のかたと他の人を区別できるようになった成長の証でもあるのです。

◆後追いはいつ頃始まっていつ頃まで続くの?
早いお子さまなら生後6カ月頃から後追いが始まります。生後9カ月から11カ月頃、ハイハイが上手になる頃に本格化し、1歳半から2歳くらいのあいだに落ち着くお子さまが多い傾向にあります。
徐々に保護者のかたの存在を認識し、少し離れても必ず自分の元に戻ってくるんだと記憶すれば、自然と離れていても平気になっていきます。また、言葉の理解が進むと、「待っててね」などの声がけが有効に働きます。
後追いの期間には個人差があります。弟・妹ができるなどして2歳以降でも後追いを始めるお子さまもいますし、反対に全く後追いしないお子さまもいます。なかなか後追いが落ち着かなくても、他のお子さまと違っていても不安になることはありません。これもお子さまの個性だと、温かい目で見守りましょう。

後追いの対処法

後追いはいつかは終わるものとわかってはいても、それによって疲れたり心配したりで負担に感じる保護者のかたもいらっしゃるでしょう。そこで、少しでも楽になる対処法を以下でご紹介します。

◆こまめに声をかける
先に述べたように、赤ちゃんはかけがえのない存在である保護者のかたが消えてしまったと感じ、不安で泣きながら追いかけるのです。そのため、「いつも一緒だよ」と安心感を与えるために、声をかけてあげることはよい対処法といえます。
いきなりいなくなるのではなく、「トイレに行ってくるよ」など離れる前に声をかけ、離れている間に泣き出したら「ママはここにいるよ」と言葉をかけます。戻ってきたときには「帰ってきたでしょ?」とやさしく抱きしめてあげましょう。
必ず戻ってくるんだと記憶させることで、徐々に不安は和らいでいくでしょう。

◆家事は完璧にやらなくてもいいと考える
後追いが激しい時期もふだんと変わりなく家事をやらなきゃと思い込むと、より自分を追い詰めてしまうことになります。後追いは一時的なものだと割りきり、家族にも理解してもらいながら適度に手を抜くなどの対処法をとるとよいでしょう。
朝必ずやらなくてはいけないと思っていた洗濯の時間を変える、ご飯を作らなくてはいけないという意識を改め、出前やできあいのものを取り入れてみるなど、できる範囲で少しでも自分が楽になる方法を考えてみましょう。

◆とことんベタベタさせてあげる
保護者のかたが離れようとすればするほど、後追いがひどくなることもあります。今だけのことと割りきり、後追いする赤ちゃんと追いかけっこして遊ぶ、トイレに入っている間、扉を開けっ放しにするなど、とことんベタベタさせてあげるのが解決の近道になることも。
成長するにつれて一人で遊べるようになりますので、今は常に一緒にいて安心させてあげるのもよいでしょう。いずれ離れていくお子さまを見て、寂しいと思える日が来るかもしれませんね。
ただし、危険をともなうキッチンやベランダなどには立ち入らせない、危険なものを手の届く範囲に置かないなど、工夫も必要です。ベビーフェンス(柵)などを活用するのも一助となるでしょう。

後追いには、決め手となる対処法がないのが現実です。また、効果のある対処法はお子さまによっても異なります。
後追いできるようにまで成長した喜びを感じつつ、保護者のかたが少しでも休養できるよう心がけることが大切です。

今しかない後追い期間を楽しく過ごしましょう

後追いをするお子さまに対してイライラしてしまう自分を責めないでください。家事などを完璧にできない自分を追い詰めないでください。
赤ちゃんは保護者のかたの笑顔が大好きなのです。後追いは今しかしないもの、長い目で見れば短い期間のことだと発想を転換し、一緒に遊びを楽しむくらいの余裕を持って接しましょう。

[Benesse教育情報サイト:教育ニュース 2017年6月18日 (日) 0時00分]

<前の記事 | 次の記事>